チラシの種類を選ぶ

PRINT

用途に応じた注文

チラシやフライヤーなどが大量に入用になったならば、フライヤー印刷を専門業者に注文するのが一番おすすめです。自分たちで印刷してしまおうとするとどうしても時間がかかってしまい、ほかのことができなくなってしまうので、外部に任せるのが一番といえます。チラシと違ってフライヤーは小型で手の伸びやすいところに配置して宣伝することになりますが、そのため紙の種類には気を遣わなければいけません。極端に言うと屋外に設置する場合は防水加工をしなければぐしゃぐしゃになり、それによって印刷された内容のイメージも悪くなってしまいます。せっかくの宣伝が悪印象をもたらしてしまうことにもつながりかねないので、フライヤーにはその紙に頑丈さが求められるのです。チラシなどの場合はポスティングなどをするため雨などを気にしなくてもいいのですが、フライヤーなどの設置型広告の場合はそうではないことをまず覚えておきましょう。フライヤー印刷を注文する場合はデザインに悩んでしまう人が多いですが、大手のフライヤー印刷業者であればデザインの手直しなどをしてくれます。ラフ画を送るだけでいい感じに仕上げてくれるので、そういった印刷業者を選び、悩みすぎないで早目に入稿してしまったほうが時間の節約になるのです。フライヤー印刷を依頼する際にはいきなり手元に発送してもらうのではなく、イベント会場や施設の駐車場など、実際に使うことになる場所に送ってもらいましょう。そのほうが保管スペースと運ぶ手間をカットすることができ、効率よく宣伝を行っていくことができるのでお勧めです。